日々  ~京都にて~

umesuisen.exblog.jp ブログトップ

虎屋茶房 京都

先日、青蓮院に続いて、虎屋菓寮 京都店にも行って、お茶しました。

お茶ばっかり、飲んだくれているわけでは、なく・・・、5月に、和菓子のおもてなしと、演奏のコラボレーションのお仕事が決まっているので、少々、勉強しているのです。

和菓子って、あまりに深い日本の芸術なので、これをきっかけに、新たに開眼です!


a0170374_23431078.jpg

この日は、緑大豆羹と、抹茶セットを頂きました。

ふぁーーっ、もうなんちゅうか、見るなり、間と空間です。


ここ虎屋菓寮 京都店は、2009年5月に新築リニューアルしています。
a0170374_2353314.jpg


設計は伊藤廣さん。
京都市の、烏丸一条にあって、すぐそこが、京都御苑なので、景観、環境に配慮して、木をふんだんに使った、日本建築。
しかし、最先端の施工技術を使った革新的な建物ということ。

確かに、店内は、外観からは、想像できない、現代的空間でした。

a0170374_018942.jpg


古くからの中庭は、残されつつ、植木や燈籠、飾り石よりも、稲荷と蔵が、主役になっていました。
a0170374_0352227.jpg


a0170374_040285.jpg

そして、天井を見上げると、虎の模様に見えましたし、これって、伊藤さんの遊び心が、シンプルに凝縮されてるのでしょうねぇ。

客席ペンダントライトが、虎屋の、ロゴマークの形をしていてたのも、これまた、なかなか楽しい発見でした。
照明は、石井リーサ明理という照明デザイナーの方のものだそう。


というわけで、和菓子も建築も、同時に、同じアプローチで楽しめてしまいました。

しっかし、これは、建築家 伊藤さんも、和菓子を勉強された結果の、設計なのでは?!・・なんて、思ったりして、40分ほど滞在しました。

深いぞ~、うまいぞ~、和菓子はぁ!!
[PR]
by kyokyohatake | 2011-02-03 00:59
line

Neuyaiの日々を綴る


by kyokyohatake
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30