日々  ~京都にて~

umesuisen.exblog.jp ブログトップ

放射能から身体をまもる食べ物

こちら、長芋でございます。
a0170374_1351545.jpg


短冊切りにして、
a0170374_1354768.jpg


そこで、登場ブラックシードオイル、ヒマラヤ岩塩、カレー粉。
a0170374_1415267.jpg


a0170374_1382115.jpg

それらをふりかけ、混ぜるだけ。
超簡単、おそうざい。



こちら、えびせんべい。
チャワンプラッシュっていうインドの古来からの万能ハーブペースト塗って、おやつに食べます。
a0170374_1392692.jpg



ブラックシードオイルも、チャワンプラッシュも、放射能から身体を守る薬草ハーブです。

わたくし、福島原発事故から、初めて偏西風が日本列島をぐるっと回り込んで吹くころから、摂取してます。

どうせ、摂取するなら、楽しくおいしく工夫してます!!

Linkしている、Zeroradsから、海を越えて、取り寄せてます。

http://nihongo.zerorads.com/index.html

木下黄太さんの、ブログは、最悪の事態を想定して、予防の意識を高めてくれます。

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/be09a6be7e8bf1fa0c2e4d96f66faf07

この先、健康な人が一人でも多いほうが、幸せに決まってるやないですか。

ふんばって、まいりましょーーー。
[PR]
# by kyokyohatake | 2011-06-27 02:09

21世紀京都宣言

京都市役所の広場を、横切って歩いていました。
何げに、緑の間に、青い球が光ってるな~・・と近づいたら、なかなかすばらしい銅像やった。
女神が、鳥と対話し、地球をかかげておりました。
a0170374_1504119.jpg

そして、その前の石に、21世紀京都宣言というのが、書かれていて、読んでみて、びっくりして、立ち尽くしていました。

今の日本に、ほんまにぴったりの宣言です。

「21世紀京都宣言」

「今、私たちは、五山に燃える火と共に、21世紀に別れを告げました。
新しい世紀の、暁闇に立って、過去をかえりみ、来るべき世に思いを馳せれば、
おのずから粛然とするのをおぼえます。
過ぎ去った世紀は、たしかに、かつてない規模で、科学と技術の革新をもたらし、
人々の生活に多大な恩恵を与えてくれました。

しかしまたそれは、物の力と、イデオロギーが人間の知恵を越えて、幾たびもの戦争の
惨禍を招き、無分別環境破壊を進めた100年でもありました。
前世期の歴史が示すこの大いなる矛盾、私たちは今それを直視し、そこから学び、
それを乗り越える、強靭な知恵を獲得してゆかなければなりません。
そのためには、私たちのこの京都こそ、絶好の学習と発信の場と、なりうるのではないでしょうか。

京都も、1200年の歴史の中で、幾たびかの人災天災を蒙りました。
だが、その経験を糧として、この京都は、文学と芸術に、学問に、また幾多の産業日々の生活に、
一都市、一国の枠を超える普遍の知恵を発揮し、つぎつぎに輝かしい成果を生み出して、
それを伝てて来ました。

その先人たちに感謝し、いまあらためて、この蓄積の深みから、新たな知恵の力を汲み取って、
世界に伝える事・・・   それこそが、私たちの過去の歴史に対する、そして、21世紀の世界に対する、
最大の責務なのです。

東山の峰々に新しい夜明けが近づきました。
さぁ、新しい知恵の都たることを、志して、

勇気をふるって出発しましょう。」   ですと。誰が言わはった言葉やろ。すばらしい。
[PR]
# by kyokyohatake | 2011-06-15 01:57

おかげさまで、生きてます

a0170374_119848.jpg

昨日の夕暮れ。

紫とピンクの輝く空が、なんか、恐かったです。

かなり久しぶりのエントリーです。

震災から3カ月目の、6月11日も、過ぎてしまいました。

これまで、国内、国外の色んな情報を、集めては読んでいました。
もう、誰でも知ってはることですけれど、日本政府は、国民の命にかかわる被爆についての、重大な情報を隠蔽していました。もし仮に、それが日本の思考習慣である、事なかれ主義だったというのなら、えらい勘違いで、使う場面を間違っていました。

そして、民が、インターネットで知りたい情報を、一個人として、自由に仕入れられる事が、こうした国や、営利企業の隠蔽を、可能にしなかったのです。

それは、文明を使って、悪をあばいたのですから、本当の意味で、文明の恩恵を受けた瞬間と言えますねぇ。

原子力は、膨大な電力を供給し続け、この小さな国を、たちまちな欧米化させ、物と金で豊かにした事は確かですが、これは、人間の魂とか、火山とか、はたまた惑星の成り立ちから、科学者がヒントを得て、作り出したダミー模型にすぎず、悲しいかな、ヒントにした本物とは、次元が違う出来だと、私は思います。

また、私たちの肉体に必要な栄養素は、放射性物質の中に、其々、そっくりなものがあって、ダミーになることも、ものすごく興味深いことです。

そして、被爆した時に、ふさわしい食事の情報を、読んでいると、伝統的な日本食は、ほぼ、それにふさわしい食事で、あれれ??って、思い初めていました。

そしたら、私の生まれる数年前まで、日本の漁業海域で、アメリカの水爆核実験が、平然と行われおり、日本人は、近い過去の歴史に、広島原爆投下以後も、まだ、更に、被爆に苦しんでいたというのを、今日、また初めて知りましたよ。

昆布や海藻類を食べ、味噌汁を飲み、納豆を食べ、というのは、そうした上で、続ける必要があった食文化ともいえるでしょうねぇ。

そして、またこれからも・・・・。

さて、神なんて、いないと思っていましたけど、やっぱり、この3カ月で、色々な情報を読み、私は、ほんまに目が覚めて、「神は、いはる」と思えるようになりました。

この宇宙は生きていて、地球は生きていて、神秘的です。
小さい人間が何をしたところで、容赦なく、調整して来ますよ。
[PR]
# by kyokyohatake | 2011-06-15 01:20

久しぶりに

くつろいだ日を迎えました^^
何よりも、同居人が安心しているようです。
これまでの忙しさの中では、わが家は、地雷危険区域のようでしたから。

あぁー、忙しかった。何をしてたんだか振り返ろう。

17日、激しい雷雨だった。よおやく雨止んで、漆器の象彦へ買い物に。
支払しようとしたら、カードリーダーが、雷の影響で誤作動。私のカードは、機械に入ったまま、出てこなくなり、あせった店員さんは、私に、お茶の接待と、おみやげを二つも下さった。なんと、親切なんだろうか。雷のせいなのに・・。
私は、雷が、神だと言われる事も、わかるような気がした瞬間だった。
a0170374_1421194.jpg


18日、茶美音会コンサートの、最終プローベ(試し演奏)。メンバーすばらし、出来栄え!!

19日、最終練習。楽譜製本、備品、連絡事項 チェック。

20日、茶美音会コンサート本番 晴れ!!青蓮院かいわい、緑さわやかに、美しい!
午前中から、パビリオンコート入口に、看板出る。
a0170374_14383014.jpg


チケット完売。感謝。

フランツ・リストの音楽演奏を1時間少し。
そのあとが、みなさん、お目当てだったであろう京菓子 末富 山口氏の、創作菓子の席。

みなさん、貴重なお話を、聴かれて、
a0170374_1452211.jpg


斬新な、オートクチュール和菓子です。お題は、演奏曲目の中から、巡礼の年 スイスから、「ヴァレンシュタットの湖にて」。
a0170374_1459229.jpg

お味は、ガツンと 黒砂糖ベース。

私の主催するクラシック室内楽ビューロー 京都音楽舎主催の、茶美音会は無事終了。

21日、茶美音会の残務整理。
トラットリア アンティコさん、ルッコラやらハーブやら、買いに来て下さる。
お陰で、すぐ、畑へ、意識方向転換出来る。感謝。

夕方、ホテルモントレで開催中の、アート フェスタ 京都へ。
ホテルの客室が、ギャラリーに。
団扇だらけのユニットバス内。
a0170374_15332919.jpg

1000円震災支援して、アーティーストさんの描いた絵の素敵な団扇をゲットしました。
今夏は、それで、なんでも、バタバタあおぎまくる予定!!地球のため。





22日、朝から、師匠 ザイラーピアノデュオ コンサート、譜めくりアルバイトで、堺市へ。
堺市ウエスティが出して下さった賑やかなお昼のお弁当。
a0170374_15112940.jpg



帰り、マネージャーさんに送ってもろて、北浜のライオン橋で車を降りる。
a0170374_15192437.jpg



薔薇の香がして来るので、下を見ると、薔薇園&ビアガーデンがあり、私も引き寄せられて~。ひょんなことに、旬の薔薇を鑑賞しまくる。
a0170374_15243634.jpg


ビルの間に間に、なごむ薔薇園でした。
a0170374_15422238.jpg


23日、京都市左京区役所へ、茶美音会の震災支援金を持って行く。
ここやと、イベントで不特定多数の人の寄付を寄託されてる立場として、寄付したら、領収書を書いてもらっておけて、なんか、トラブルがあっても、防げるから、安心。

始めて来たけど、左京区の新庁舎。立派ぁ!
a0170374_15482766.jpg


丁度、区役所内で、赤十字の歴史パネル展やってて、
赤十字って、イタリア統一戦争の時に、スイス人のアンリ・デュナンさんが、傷ついた戦士を、敵ではなく、一人の負傷した人間とみなすことから、考えはじめはったんですね。知らんかった。愛やわぁ。


25日、レッスン再開。お掃除。
[PR]
# by kyokyohatake | 2011-05-26 15:59

忙しいと

せっかく育った、畑の野菜は、消費がおっつかず、

a0170374_058813.jpg


打ち合わせの日を一日、間違えたり、

ダンディーな、紳士に、「あすみちゃ~ん」と、宛名まちがえて、メールしたり、

調律師さんに「ピッチは、422(ホントは、442)でおねがいします!」とあり得ないことを、言ったり、

いやぁーー、しかし、ピアノは間違えんぞ!

そんなこんなで、5月20日、震災支援付きコンサート近づいてます。

ブログは、さぼります。
[PR]
# by kyokyohatake | 2011-05-17 01:07
line

Neuyaiの日々を綴る


by kyokyohatake
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30